いつでもマインドフルネス

c16bb2755748508665e1cc117aa49446_s
スポンサーリンク

 

マインドフルネスは座って行う瞑想だけにとどまりません。

また、マインドフルネス瞑想は主に呼吸を対象としていますが、呼吸だけではなく身体の感覚を対象にすることもあります。

歩行瞑想という言葉をお聞きになった方もいらっしゃると思いますが、歩いているときもできるのですね。

歩いているときに何をしているのか、フル子(私(^_-)-☆)の場合はマインドフルネスを実践し始める前までは考え事をしていることが圧倒的に多かったです。マインドフルネスに歩くと、足の裏の感覚、聞こえてくる音、変化していく景色…普段気づかなかった色々なことに気づいていきます。あとになって「面白い!あんなにしていた考え事をしていなかった!」と新鮮さを味わえました。

そしてマインドフルネスは食事中でもできます。レーズン・トレーニングが有名ですね。

(なぜ、レーズンなの?と疑問に感じたのですが、レーズンの表面のしわしわを観察したり、口の中に入れた時の食感、味の広がりなどを観察しやすいからなのでしょうかね?)

仕事中でも会話中でもできるそうです。

常にマインドフルネスな状態になれるわけです。

こうなったら、ただのスキルではなく、生き方ですね。

 

今日はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://m-fulness.net/2016/07/17/%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%a7%e3%82%82%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%b9/trackback/

PAGE TOP